管理監督者は残業代無し?名ばかり管理職問題で泣き寝入りしない為に

名ばかり管理職問題、残業代支払われないトラブルは無料相談へ!
残業代支払われないのは当たり前・・・と、残業代 未払い 回収をあきらめたり、泣き寝入りしてませんか?
なんか納得できないんだけど、よくわからないし、他の人も我慢しているし。そんな風に、言いたいことを飲み込んではいませんか?

そんな時は、プロに無料相談、という方法があるんです。その職場や上司に、自分ひとりで、慣例になっている悪い習慣にモノ申すのは、大変なことです。そんな時は、無料相談です、プロを見方につけましょう。

優秀な専門家が、あなたの悩みや疑問を丁寧に聞き、少しでも納得のいく結果を出せるよう、お手伝いしてくれます。もちろん、あなたの職場での立場や今後の就職活動に不利にならないように、最大限の配慮をしてくれます。あなたの働く環境を良くするため、まずは相談してみませんか?
名ばかりの管理監督者に対する、時間外労働の賃金不払いについて
労働基準法によれば、「監督もしくは管理の地位にある者」、すなわち管理監督者に対しては、労働時間、休憩時間あるいは時間外手当や休日手当といった諸手当については規制の対象外とされています。そういう地位にあるという名称さえ与えれば、従業員に対していくら時間外労働をさせたとしても、時間外手当を支払わなくてもよいものと考えて、そのような名称を付与し、実際には一般の従業員と同様の労働をさせて、時間外手当に関する法律の規制をくぐり抜けようとした企業が相次いでいました。

しかし、そのような形式的名称のみで法律をくぐりぬけることが許されてよいはずはありません。経営側と一体の立場ではなく、重要の職務や権限すら与えられておらず、また賃金等や労働条件について他より有利な条件が与えられているわけではないことを立証すれば、名ばかりの管理監督者であっても、時間外労働に対する賃金不払いに対応することも十分に可能となっています。

未払い残業代請求についてはそれほど難しい手続きが必要というわけでもないので、あまりにひどい状況であれば、請求することも検討してみてはいかがでしょうか。